にわでわにがわになる

ワニ好きオタwnkの(一応)ECOのプレイ日記です。 最近の動向を見ると、とてもゲーマーとは言えなくなってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ANDYさんがやってきた!

庵出異さん
Hello, I'm 庵出異!
(英語適当

こんばんは、wnkです

7月に入り、PCに優しくない季節がやってきたので、メンテついでにCPUファンを交換してみました
今回交換したのは、ANDY COOLERことSAMURAI MASTERです
予算の都合的にあまり高いものは選べなかったので、無難なところから選んできました
ちなみに上の写真は開発者のANDYさんだそうです。NINJAのように愉快なものが多いSCYTHEのCPUファンのパッケージの中でもとりわけ素敵なんじゃないでしょうかw

before
換装前のケース内の様子です
うちのCPUCore 2 Quad Q6600のリテールファンを搭載しています

とりあえずCPUファンとCPUを取り外して、表面についているリテールファンのグリスを除去します
組み立ててから1年ちょっと経ちますが、CPUを取り外すのは初めてなので緊張しました(・ω・ )

Q6600
きれいにするとこんな感じです

CPUをきれいにしたら、今度はCPUファンの準備をします

samuraiMaster

SAMURAI MASTERLGA775478AM2のCPUに対応したアタッチメントがそれぞれ用意されています
IntelのCore 2シリーズはLGA775なので、LGA775用のアタッチメントを取り付けました
(上の写真では取り付けてませんが

CPUをマザーボードに取り付けたら、熱伝導グリスを塗ってCPUファンを取り付けます
SAMURAI MASTERはバックプレートを使わないタイプなので、マザーボードをケースに据え付けたままでも取り付けできるのですが、うちのSOLO WHITEは内部スペースが広くはないので大変でした
この手の大型CPUクーラーは、マザーボードを取り外してやった方が賢いですね…


で、取り付け後はこんな感じです

after

リテールファンに比べてものすごく巨大化しました
相変わらずケーブル類がごちゃごちゃしてますが気にしないでください。ケーブルが取り外せる電源買うべきだったなぁ…

CPUの温度はそこまで劇的に下がってはいませんが、ファンの性能が上がったことで、静音性は大幅に向上したので良かったです
事前の調査で予想できていたことですし、とりあえず今回はPCをいじりたかったというのが正直な動機なので、全然満足です(*´ω`*)

ちなみにP5K-ESAMURAI MASTERを取り付ける場合、説明書に載っている推奨の取り付け方ではノースブリッジのヒートシンクと干渉してしまうので、ヒートシンクのフィンを少し曲げてみました

heatSink

また、付属のファンの電源コネクタは3pinなのですが、P5K-EではCPU取り付け位置の右上にある4pinの電源に接続するのが良いようです
他の(空いていた)3pinのコネクタに接続したところ、ファンの回転数検出機能がうまく動かないようでBIOSから怒られてしまいました(´・ω・`)

今回はこんな感じです
またPCいじることがあったら記事にしたいと思います
ではまた~(・ω・)ノシ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。