にわでわにがわになる

ワニ好きオタwnkの(一応)ECOのプレイ日記です。 最近の動向を見ると、とてもゲーマーとは言えなくなってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

GUNDAM

こんばんは、wnkです


すでに先週になりますが、見てきました。これを

後頭部

もうお分かりかと思いますが、正面から

全身像

お台場に立っている1/1スケールガンダムです

簡単に説明すると、緑あふれる都市として東京を再生させようというプロジェクトからの
メッセージとして、今年生誕30周年を迎えたガンダムに白羽の矢が立ったわけです
プロジェクトの一環として行われているため、2016年開催予定のオリンピック開催地の
東京への誘致にも活用されています

オリンピック誘致


正直言って、感動しました
初めてガンダムと出会ったのは、僕が4歳か5歳くらいの頃で、僕がオタクになる
切っ掛けを作った作品といっても過言ではないくらいの衝撃を僕に与えてくれました
そんな自分の人間形成に一役買った作品の主役メカが、実物サイズで立体化された
わけですから、感動しないはずがないですよ

それまでスパロボでおなじみのゲッターコンバトラーなどの50m級のスーパーロボットに
比べたら、18mのガンダムはだいぶ小さい方だと思っていましたが、実物を見てみると
かなりの大きさがありました

足下から

大きいからその分細部は手抜きかというとそうではなく、手のひらサイズのプラモデル
では再現できないようなメカニックへの注意書きや細かいメンテナンスハッチまで精緻に
作り込まれていました
実物サイズならではの作り込み方ですよね
オムル曹長がこういうとこ整備したんだろうなぁと思いながら足の下を通ってきましたw


子供の頃テレビで(再放送ですが)見たガンダムのデザインに憧れ、自分のものに
したいと強く望み、色々なガンダムのプラモデルを作ってきました
そして現在、その憧れが形になって存在しているわけです
言ってしまえば、お台場に立っているガンダムは、僕にとってはプラモデルの
延長線上に存在するものなのです(実際に核融合炉で動くわけではありませんし)

しかし、それでもテレビの中で動いていた本物と寸分違わぬモノ(ちょっと言い過ぎですが)
として建造されている分、やはり手のひらサイズのプラモデルとは一線を画す存在でも
あるわけです
子供の頃からずっと抱いてきた憧れだったガンダムの立体物が、今までのプラモデルと
比べて圧倒的に「本物に限りなく近い存在」として建造されたという事実に心から感動しました
本当に素晴らしかったです


もちろん会場限定のプラモデルも買ってきました(・ω・ )

会場限定

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おー
これがうわさのガンダムですか
おっきいですね
でもいくらかかったんでしょう
そのお金を別のことに
とか考えちゃいけないですね

ゆんちゃん | URL | 2009年08月18日(Tue)23:30 [EDIT]


Re: タイトルなし

>ゆんちゃん
考えますよねw

肩の高さまで高所作業車で上って写真を撮る権利が
260万だったわけですから、もしこのガンダムの所有権が
同じようにオークションに出されたら、いくらつくんでしょうね

wnk@ウィンス | URL | 2009年08月19日(Wed)03:06 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。