にわでわにがわになる

ワニ好きオタwnkの(一応)ECOのプレイ日記です。 最近の動向を見ると、とてもゲーマーとは言えなくなってきました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

asioってなんぞ

こんばんは、wnkです。

Madsectaがとても面白いです
PC変えて以来ずっとFPSがやりたいなぁと思っていたのですが、ようやく叶いました。PCのゲームじゃなくてWiiウェアですが

PS2のコントローラーとかに比べると、Wiiリモコンでのポインティングはかなりやりやすいです…
FPSっていうと、64の007 ゴールデンアイとかPS2の007 ナイトファイアくらいしかやったことがないので、ゲームとしてのでき云々は割愛します(・ω・)
(ナイトファイアは高校の頃から友達4,5人とやりまくってますが…冗談抜きでプレイ時間だったら日本で50人くらいには入るんじゃなかろうか

現在Mission11までクリアしましたが、Mission8のボス戦で5,6回死にました
いいわけですが、サイドステップがちょっとやりにくいかなぁと

このゲームで1000円はかなり破格じゃないかと思います
まだオフラインでしかやっていませんが、オンラインでもwnkなる名前を見かけることがあるかもしれませんよ


本題です
久々にPCのお話…

サウンドボード関係のサイトや掲示板なんかをうろうろしているとasioなるものを必ず目にします
ググってみると検索候補に足尾銅山とかでてきますが、田中正造さんとはもちろん無関係です
説明なんかを読んでみると、なんでもMP3などのファイルをカーネルを通さずに直接出力する出力方式らしいです(カーネルストリーミングというらしいです
カーネルを通さないのでデータの劣化が起こらず、よりデータそのものに近い音が出力されるのだとか
サウンドカードとスピーカーを換えただけとはいえPCで聴く音楽をかじった身としては、試してみないわけにはいきません

asioを利用するためには、asio対応のオーディオデバイスasio対応プレイヤーが必要になります
この間積んだSE-200PCIをはじめとするONKYO製のサウンドカードは、基本的にasioには非対応で、さらに主に使っているWMPもasioと相性が悪いようです

友人に残念なプレイヤーと言われてしまった我が家のWMP
WMPwithMiku
スキンはこちらで配布されているものを利用させてもらっています。ネギモード、おすすめですΣd(゚ω゚*)

ということで、僕がやった手順を…

  1. ONKYO製サウンドカードでasioを利用するためには、ASIO4ALLというドライバが必要になるそうなので、公式サイから入手してインストールします
    インストール時に、「off-line setting」にチェックを入れてください。(主観ですが)これ入れないとかなり不便です

  2. Audio Deckで、
    1. S/PDIFコントロール → 「S/PDIF出力を使用」のチェックを外し、「PCMのみ」にチェックを入れます
    2. 再生 → 「PCM/SPDIF」のチェックを外し、「Sample Rate」をAutoにします

  3. asio対応プレイヤーの一つであるWinampにasio出力プラグインを追加します。Winampの他には、Lilithfoobar2000などが対応しているようです。今回は元々使っていたので、Winampを利用しています
    1. Winampのasio出力プラグインは、おたちゃんのMIDI/Audioソフトにて配布されています。導入方法はReadme読んでくだs
    2. Winampを起動して、
      オプション → 設定 → プラグイン → 出力 → ASIO output
      と移動して、「デバイス」を「ASIO4ALL」に、「バッファサイズ」を「63」に設定します
      (ここちょっとうろ覚え


ONKYO製サウンドカードを利用している環境なら、恐らくこれで行けると思います。うまくいけばWinampで音量調整をしても、音量は変化しないはずです。音量の調整はアンプなりスピーカーなりでしてください
PCオーディオに関しては超初心者のwnkですので、わからないことがあったら自分で調べてみてくださいね(・ω・)
折角Google先生がいるんですから


とりあえずこれでasioによる出力で曲を聴けるようにはなったのですが、一つとても重大な問題が浮上しました

ECOのBGMとSEが出なくなってしまったのです\(^0^)/

BGMはともかく、個人的にSEはかなり問題だったので、音の比較云々以前に速攻でASIO4ALLを削除してしまいました…orz
今考えてみると、削除せんでも設定いじればどうにかなったんじゃないかと…

どうやらオーディオデバイスが複数あれば、ASIO4ALLでそれぞれの出力方法をいじれるらしいです。なので、今は殺してあるオンボードのサウンドデバイスを復活させれば、どうにかなりそうです
またそのうちに試してみたいと思います

ではまた( ・ω・)ノシ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。